「スプレッド」とは外為は外貨を買ったり、売ったりすることによって利ざやを稼ぐ商取引です。仕事 辞めたい アフィリエイト

売買の値段は1日中変動しています。

それがレートです。

ラジオのニュースを聞いていると、ドル円やユーロ円の為替相場の話題が流れるケースがあります。

よく見るのが「ただいまのマーケットは80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

これは80円50銭から80円52銭の幅の中でトレードされているという事を示しているのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭ということを表しています。

別の言い方をすると、売買には買いと売りの価格が存在するのです。

売値、買値ではなく、BID、ASKと表現しているFX業者もあったりします。

いつもは売値が買値よりも安い価格になっています。

実際に買値は高く、売値は低くなるのが一般的です。

この差分をスプレッドといい取引会社の稼ぎのひとつといわれています。

スプレッドの狭さはFX会社によって変わります。

スプレッド幅は自分にとって費用になるので、小さいFX会社をセレクトするほうが儲けられます。

ただ、同じ取引会社でも状況によってスプレッドの幅は拡大したり、縮小したりします。

もしも通常は円とドルのペアで1銭のスプレッドの広さでも、マーケットの動きがとても激しい場面では広くなったりします。

という事で、スプレッドの広さが狭いのと同じくらい変化しないということが大切です。

近頃では決まったスプレッドの幅を表示するFX会社もいくつもあったりします。

現実にFX業者のトレード画面内で現実の相場を確認しなければ見分けられないのでわずらわしいですが重要な事です。

貴重なお金を使ってエントリーをするのだから、現実のトレードの前に、気になる取引会社の取引口座開設を試して、表示されているスプレッドの差を確かめましょう。

同じ通貨の組合せ、そのタイミングの外国為替市場の変動率(ボラティリティ)によって、外貨のスプレッドの幅は異なる場合があります。

普通は、銀行間取引で売買高が多い通貨ペアではスプレッドの幅が狭く、この他の通貨ではスプレッドの幅が広がる事が多いです。